規格一覧

 2011年5月23日の理事会で、「学会規則第239 日本品質管理学会規格管理内規」が承認され、即日施行されました(「学会規則第109 日本品質管理学会規格管理規程」については平成23年10月29日の代議員総会で承認・制定されました)。この内規は、品質/質に関わる事柄に関する研究及び諸活動に資すること及び品質管理の普及を目的として「日本品質管理学会規格(以下「JSQC規格」という)」を作成・制定するための手続きを定めたものです。
また、2014年7月25日の理事会で、「学会規則第243 日本品質管理学会規格翻訳内規」が承認され、即日施行されました。この内規は、JSQC規格を英文等に翻訳する際の手続きを定めたものです。

規格番号制・改定日規格名称原案作成担当開発・制定提案書
JSQC-Std
00-001:2018
2018.01.29品質管理用語
サンプル
標準委員会改定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC-Std
21-001:2015
2015.12.16
プロセス保証の指針
サンプル
標準委員会開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC-Std
22-001:2019
2019.05.20新製品・新サービス開発管理の指針
サンプル
標準委員会開発・制定提案書
原案作成WG名簿
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC-Std
31-001:2015
2015.05.21
小集団改善活動の指針
サンプル
標準委員会開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC-Std
31-001(E):
2020
2020.03.17小集団改善活動の指針(英訳版)
サンプル
冊子体は作成しません。PDFによる頒布のみです。
申込書
application form
標準委員会翻訳提案書
JSQC Std
32-001:2013
2013.05.22日常管理の指針
サンプル
標準委員会開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC-Std
32-001 (E):
2014
2014.09.25日常管理の指針(英訳版)
サンプル
冊子体は作成しません。
PDFによる頒布のみです。
application form
標準委員会翻訳提案書
JSQC-Std
33-001:2016
2016.05.17方針管理の指針
サンプル
標準委員会
開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC-Std
33-001 (E):
2017
2017.09.08方針管理の指針(英訳版)
サンプル
冊子体は作成しません。
PDFによる頒布のみです。
application form
標準委員会翻訳提案書
JSQC-Std
41-001:2017
2017.11.02品質管理教育の指針
サンプル
標準委員会開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC-Std
41-001 (E):
2020.09.16品質管理教育の指針の指針(英訳版)
サンプル
冊子体は作成しません。
PDFによる頒布のみです。
申込書
application form
標準委員会翻訳提案書
JSQC-Std
89-001:2016
2016.05.17公的統計調査のプロセス-指針と要求事項
サンプル
標準委員会開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応

廃止されたJSQC規格

廃止規格番号廃止日廃止規格名称廃止理由原案作成担当
JSQC-Std
00-001:2011
2018. 1. 29品質管理用語改正標準委員会

JSQC規格は日本品質管理学会の委員会、部会または研究会が原案を作成し、審議委員会による審議、パブリックコメントの募集などを経て発行されます。規格の作成・制定を希望する委員会・部会・研究会は「JSQC規格の開発・制定に関する提案書」を標準委員会まで提出してください。
また、JSQC規格の翻訳は、日本品質管理学会の委員会、部会、研究会、会員が提案することができます。規格の翻訳を希望する委員会、部会、研究会、会員は「JSQC規格の翻訳に関する提案書」を標準委員会まで提出してください。

 日本品質管理学会では、従来、①学会誌・研究発表会等、②研究会等が発行する報告書・書籍、の2つを通して、学術的成果の社会への発信を行ってきました。JSQC規格は、オリジナリティは高くないものの、広く社会で活用いただける内容を発信する上で、重要な役割を果たすものと考えています。会員各位からの積極的な提案をお待ちしております。 一般社団法人 日本品質管理学会
標準委員会

※研修のテキストとして使用する場合の値引き率は、定価から、20部:30%、50部:40%、100部:50% です(JSQC事務局受付のみ)。

JSA Webdeskからも購入できます。

JSQC規格に関するQ&A

Q1:ISO規格、JIS規格などがありますが、これらとJSQC規格の関係を教えてください。

A1:
ISO規格やIEC規格は世界の国々が集まって、互いの利便が得られるように定めた取り決めです。これらの活動は国際標準化と呼ばれます。また、JIS規格、BSI規格、DIN規格、NF規格などは、一つの国の関係者が集まって、互いの利便が得られるように定めた取り決めです。これらの活動は国家標準化と呼ばれます。

他方、特定の分野の専門家が集まって、互いの利便が得られるように取り決めを決める活動は団体標準化と呼ばれます。代表的なものとしては、ASM規格、UL規格などがあります。JSQC規格もこの一つです。すべてのものを国際規格として定めることは、効率的ではありません。このため、国際規格、国家規格、団体規格が相互に補完し合いながら、標準化が必要な領域をカバーしています。JSQC規格は、品質管理の専門家集団である日本品質管理学会が定める規格で、国際規格や国家規格に比べるとより専門性の高いものになっています。


JSQC規格としては、「品質管理用語」と「日常管理の指針」の2つが発行済みですが、前者は、国際規格であるISO 9000がquality assuranceに関する用語を中心としており、日本流の品質管理を十分カバーするものになっていない点を考慮して定められたものです(昔はJIS Z 8101:1981の中でこれらの用語が定義されていたのですが、ISO 9000の発行にともなって現在は廃止になっています)。

また、後者はJIS規格として、方針管理の指針(JIS Q 9023)、改善活動の指針(JIS Q 9024)が発行されているものの、もう一つの重要な柱である日常管理に関する規格がまだ発行されていない状況を踏まえて開発したものです。

ISO 9004が品質マネジメントシステム全体の指針を与えているのに対して、JIS Q 9023、JIS Q 9024、JSQC-Std 32-001はその中で実践される重要な活動要素に対する指針を与えていると考えるとよいでしょう。品質管理の将来的には、JIS化、さらにはISO化をはかることが期待されています。

Q2:JSQC規格は、どのような手続きで開発されるのですか。

A2:
規格の作成は、統一性を確保するために少数の専門家(委員会/部会/研究会およびその下の原案作成WG)によって行われる必要があります。ただし、開発されたものがJSQC会員や品質管理分野の専門家の意見を十分反映できるよう、より広い立場の専門家・利用者から構成される審議委員会、全JSQC会員に対するパブリックコメントの募集などを経て制定されるようになっています。

例えば、「品質管理用語」では、約300のパブリックコメントがよせられ、その一つ一つについて審議委員会での慎重な審議が行われました。また、その内容は、学会ホームページで公開されています。その意味では、できあがった規格はJSQC全体の総意を反映したものになっていると言ってよいと思います。皆さんも是非コメントを積極的に出していただければと思います。